ラットプルダウン

スポーツジムで筋トレを行う方で意外と意識していないのが背中の筋肉です。背中は自分で見えない分、他人から見ると非常に見られやすい部分でもあります。また、背中の筋肉は自宅でなかなか鍛えづらい筋肉をスポーツジムで鍛えるには非常に効果的なトレーニングができる一つです。今回はそんな背中の筋肉を鍛えるのに効果的なラットプルダウンというマシンを使ったトレーニングについてご紹介させていただきます。

腹筋男女ともにお腹のたるみなどが気になり腹筋を意識的にやられる方も多いのですが、実はお腹がたるむ理由の一つとして背中も大きく関係してきます。また、腹筋ばかり鍛えていると背中の筋肉である広背筋とバランスが取れなくなり腰痛の原因などになります。

それではこのラットプルダウンの方法についてですが、まず鎖骨の真上にバーがくるようにしてから、上半身はやや後傾させ背部の筋肉を十分にストレッチします。そして肩甲骨を下げ、脇をしっかりと締めて、バーを鎖骨まで引き下ろすことがラットプルダウンの正しい方法となります。注意点としては、肩甲骨を内側に閉じるようにイメージで引き下げ、えびぞりにならない程度に上半身は常に若干後ろに傾けた状態を保ち、動かす筋肉を意識してトレーニングを行うように注意して下さい。